Petit Lapin のフランスで食べる至福のごはん。を改めまして、日本の片田舎で美味しいもの探索。でも、将来は地元でお菓子屋さん兼カフェを開くぞ~!!


by emiko_cuisine-fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Basque バスク地方 ~ビアリッツⅠ~

(随分と前ですが(4年ほど前)フランスとスペインにまたがり独自の文化を持つバスク地方に美味しいものを求めて旅行してきました。
生ハムとフランスのチョコレートの発祥地バイヨンヌ、ビーチリゾート地のビアリッツ、スペイン国境まで電車でたった15分のところにある港町サン・ジャン・ド・リュズ(相変わらず国境を手前にフランス脱出ならず)の3都市をまわって来ました。

パリのモンパルナス駅からTGVで約5時間、はじめに訪れたのはビアリッツ。
駅から中心地まではかなり距離があるので、バスに乗って移動。

まずはビアリッツの町を散策。グランド・プラージュ(砂浜のビーチ)は3月ということもあって閑散としていたけれど、きれいに整備されごみひとつなく気持ちいい。
f0140171_0153712.jpg

ビーチ沿いにある遊歩道を歩いていくと、先ほどの砂浜のビーチとは印象が変わり、岩が波によって削られ突き出ています。
f0140171_0171443.jpg

f0140171_0173763.jpg

古い小さな漁港を通り過ぎ、岬の先端まで行くとマリア像が祭られた聖母の岩があります。ここからの眺めも絶景です。
f0140171_018440.jpg

さて、お散歩のあとは
老舗のサロン・ド・テで休憩。

『Miremont ミールモン』1Bis pl.clémenceau 
f0140171_0192695.jpg

少し体も冷えたのでショコラ・ショー(暖かいチョコレートの飲み物)とバスク地方のケーキGâteau Béretガトー・ベレを注文。
f0140171_0211378.jpg

f0140171_0221530.jpg

ガトー・ベレのベレはベレー帽から取った名前。バスクの人たちはベレー帽がトレードマーク!?だからできた?のかな。
チョコレートのムースにチョコスプレーがいっぱいで、おまけにチョコレートの飲み物だったけれど、ぜんぜん甘ったるくなく、私でも食べられた。

お持ち帰りでこれまたバスク地方のお菓子Gâteau Basqueガトー・バスク。そう、その名も「バスクのお菓子」を買って帰る。これはサクサクのバターケーキみたいなものかな。ジャム入りとカスタードクリーム入りのプチサイズを1個ずつ買う。
f0140171_0224483.jpg


ミールモンの店内は、奥に大きなガラス張りになっていてビアリッツの海岸が眺めることができます。


私のおすすめ食料品屋さん
『Mille et un fromages』8Av.Victor Hugo
f0140171_0233696.jpg

f0140171_0242486.jpg

お店の外観が雰囲気が気に入りお店の中をのぞいてみると、小さな店内にはチーズをはじめ、バスクの特産品がびっしり! 
バスク地方の羊チーズ「オッソ・イラッティー」を試食させていただきました。
3ヶ月ものはやさしい味がし、8ヶ月ものは少し強いくせがありました。
ここでシードルと唐辛子の粉末を購入しました。

「SAGARNOA バスクのシードル(リンゴの発泡酒)」
前にもリンゴのお酒のところでお話しましたが、実はシードルがはじめてフランスに入ってきたのはバスクなんです。
ブルターニュのシードルとは異なり、酸味が強く、見た目は少し黄緑色で濁っている。飲むと発泡性があり、しっかりとリンゴの味がする。

「Piment d’Espelette AOC ピーマン デスプレット」
f0140171_0264558.jpg

エスプレット村で採れた唐辛子。唐辛子といっても辛さはとってもマイルド。バスク料理では必ずといって良いほどこのピーマン・デスプレットが使われている。

記念に買ったポストカードには、真っ赤なピーマンが家の壁一面につるされています。実際見たら圧巻でしょうね。
f0140171_0272278.jpg


他にもバスク地方のワイン、ソーセージ、ジャム、肉の加工品の缶詰が売られている。おじさん、おばさんでお店をやっているようでとってもいい感じのお店です。バスク地方の食料品のお土産はここで全部揃いそう。

www.milleetunfromages.com


ビアリッツで一番美味しいショコラティエ
『Henriet アンリエ』 Pl.Clémenceau
ブルーと『H』が目印のおしゃれなお店。
f0140171_0293569.jpg

店内はチョコレートのケーキやボンボンショコラでいっぱい。このお店のオリジナルというアーモンドとオレンジピールをチョコでコーティングした『ロッシェ・ド・ビアリッツ』を購入。味は、・・・・忘れちゃいました。
f0140171_0302356.jpg

でも、何気に今働いているお店にも『ロッシェ・ド・モンマルトル』といってキャラメリゼしたアーモンドとオレンジピール、レーズンをチョコでコーティングしたのがあるんだけど・・・。コレはめっちゃ美味しいです。


まだまだ続く~


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2009-05-22 00:39 | フランスの旅 le voyage