Petit Lapin のフランスで食べる至福のごはん。を改めまして、日本の片田舎で美味しいもの探索。でも、将来は地元でお菓子屋さん兼カフェを開くぞ~!!


by emiko_cuisine-fr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Basque バスク地方 ~サン・ジャン・ド・リュズ~

ビアリッツからバスで30分ほどのところに小さな港町サン・ジャン・ド・リュズがあります。
スペインとフランスとの国境に近い町です。スペインの町サン・セバスティアンまですぐなんですが、
小心者の私は国境を越えることができませんでした~。

この町の見所は、1660年に太陽王ルイ14世とスペイン女王マリー・テレーズが結婚式を挙げた町なんです。
こんな小さな港町であの有名なルイ14世が結婚式を挙げたなんてとても信じられません!
でも、ちゃんと協会には二人がここで結婚式をしたという絵もあるし、ルイ14世広場たるものもあるんです。
f0140171_22822.jpg

f0140171_229891.jpg

協会をちょっと覗いてみると、外観はとってもシンプルなんですが、内側は金を使った装飾でとっても煌びやかです。
南仏マルセイユも港町ですが、そこにあるノートルダムも金の装飾だったのを思い出しました。港町にある教会はどこもかんな感じなんでしょうかね?日本も漁師町の結婚式は派手だって聞きますが、それと似てるのかもしれませんね。

このルイ14世の結婚とひとつ前のルイ13世とスペイン女王アンヌ・ドートリッシュの結婚によってチョコレートがスペインよりフランスに持ち込まれ、上流階級に広まったようです。

~ひとりごと~
なんだかスペインから伝わったチョコレートにしても、イタリアのメディチ家との結婚によってお菓子やカトラリーがフランスにもたらされことにしてもそうですが、昔はフランスって遅れてたんだな・・・。
う~ん、うまい表現が見つからない。でも今は、フランスのチョコレートもお菓子、そして料理も他の国より一番洗練されてるよね。
それをいうなら日本だって中国から伝わったことってたくさんあるよな~。似てるのかな~。

マカロンのお店 MAISON ADAM メゾン・アダム
ルイ14世広場にあるマカロンが有名なお店。
パリのお菓子屋さんで売っているような間にクリームが入っているようなマカロン・パリジャンではなく、ただ丸いアーモンドクッキーのようなもの。フランスの地方にはときどきその地方(町)のマカロンがある。ここサン・ジャン・ド・リュズもそのひとつ。
f0140171_22101853.jpg

なんだか日本の駄菓子屋さんで売ってた丸いカステラのお菓子に似てる~。


メゾン・アダムの横にあるバスク織の店 Maison Charles Larre
f0140171_22105157.jpg

バスク地方の家のようなカラフルな色のストライプが入ったリネンがいっぱい。
f0140171_22135695.jpg

昔は牛の背中に掛けていたものです。
バスク地方のレストランでは、このバスク織のテーブルクロス掛けているお店をたくさん見かけます。
私も2種類のトーションを買って帰りました。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2009-06-29 22:17 | フランスの旅 le voyage