Petit Lapin のフランスで食べる至福のごはん。を改めまして、日本の片田舎で美味しいもの探索。でも、将来は地元でお菓子屋さん兼カフェを開くぞ~!!


by emiko_cuisine-fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋のフルーツ Fruits d'automne

今年のフランスの夏は夏日が少なく、8月の終わりに猛暑の日本から戻ってきた私は、残暑のまったく残っていない秋のフランスに一気に帰ってきた。

あまりの涼しさに日本の猛暑が懐かしく感じられてしまう。こんなに寒いんだったら、(そう、私にはこの涼しさが寒い!)日本の猛暑の中に居たい。
まだ9月だというのに皮のジャケットを羽織って、朝出勤する。
それでも昼間は少しは気温が上がり、チョコレートを扱う店内は空気が重くなるので冷房を入れるから変な気候だ。

さて、私が働いているお店の横は野菜と果物屋さん。
行き帰りによく見ていくのだけれど、秋のフルーツ、洋ナシや私の大好きなイチジクがヴァカンス明けからお目見え。

そこに気になる文字が。
『BRUGNON』ブリュニョン
一見桃のような形で皮の表面がつるつるなのでネクタリンに似ている。
f0140171_18481333.jpg

f0140171_18485112.jpg

私の記憶の糸をたどって行くと、私が愛読している雑誌Regalは毎回、旬の食材をリストアップしていて、そこに見慣れないBRUGNONブリュニョンという文字が夏から秋号にかけていつも出てくる。そして見るたびに主人に聞いていたあのブリュニョンだった。
学習能力がないわけではないけれど、やっぱり実際に見てみないことには頭の中に入ってこない。そんなものですよね。(いいわけ・・・?)

そして早速2個買ってみた。ついでにイチジクとすでに熟れている洋ナシも買ってみる、(すぐに食べられないとしばらくほって置いて、食べごろを過ぎたころに気づくことが多い私。だからすでに熟れている洋ナシを選ぶ♪エヘ)
f0140171_18495099.jpg

ブリュニョンについて調べてみると、
ネクタリンの一種?で大きな違いは種と実がネクタリンに比べると密着している。取れにくいってことかしらね。
そして、食感は桃と比べると実がしっかりしていて硬め。ジューシーさはないけれど、甘さと酸味が適度にある。サクサクって感じかな。

ネクタリンもそうだけれど、皮がつるつるしているので、いちいち皮を剥かないでそのまま食べられるので桃より好きかも。


イチジクも食べてみたけれど、これもよ~く熟しているのをおじちゃんがくれたので、甘~い。
いちじくのジャムを食べているような感じ。
f0140171_18505980.jpg

f0140171_18514674.jpg

日本のイチジクと比べてフランスのイチジクは小ぶりで味が凝縮している。多分日本のイチジクもそうなんだろうけど、フランスでは皮ごと食べてしまう。
もちろん、日本の実家で父が作っているイチジクだっておいし~いけどね。

洋ナシは、今日の夜、ある料理本に載っている洋ナシとブルーチーズのタルトを作るつもり。
そのある料理本については、次回必ず書きますので待ってて下さい。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-09-15 18:56 | 食材 le produit