Petit Lapin のフランスで食べる至福のごはん。を改めまして、日本の片田舎で美味しいもの探索。でも、将来は地元でお菓子屋さん兼カフェを開くぞ~!!


by emiko_cuisine-fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:食材 le produit( 11 )

今年のフランスの夏は夏日が少なく、8月の終わりに猛暑の日本から戻ってきた私は、残暑のまったく残っていない秋のフランスに一気に帰ってきた。

あまりの涼しさに日本の猛暑が懐かしく感じられてしまう。こんなに寒いんだったら、(そう、私にはこの涼しさが寒い!)日本の猛暑の中に居たい。
まだ9月だというのに皮のジャケットを羽織って、朝出勤する。
それでも昼間は少しは気温が上がり、チョコレートを扱う店内は空気が重くなるので冷房を入れるから変な気候だ。

さて、私が働いているお店の横は野菜と果物屋さん。
行き帰りによく見ていくのだけれど、秋のフルーツ、洋ナシや私の大好きなイチジクがヴァカンス明けからお目見え。

そこに気になる文字が。
『BRUGNON』ブリュニョン
一見桃のような形で皮の表面がつるつるなのでネクタリンに似ている。
f0140171_18481333.jpg

f0140171_18485112.jpg

私の記憶の糸をたどって行くと、私が愛読している雑誌Regalは毎回、旬の食材をリストアップしていて、そこに見慣れないBRUGNONブリュニョンという文字が夏から秋号にかけていつも出てくる。そして見るたびに主人に聞いていたあのブリュニョンだった。
学習能力がないわけではないけれど、やっぱり実際に見てみないことには頭の中に入ってこない。そんなものですよね。(いいわけ・・・?)

そして早速2個買ってみた。ついでにイチジクとすでに熟れている洋ナシも買ってみる、(すぐに食べられないとしばらくほって置いて、食べごろを過ぎたころに気づくことが多い私。だからすでに熟れている洋ナシを選ぶ♪エヘ)
f0140171_18495099.jpg

ブリュニョンについて調べてみると、
ネクタリンの一種?で大きな違いは種と実がネクタリンに比べると密着している。取れにくいってことかしらね。
そして、食感は桃と比べると実がしっかりしていて硬め。ジューシーさはないけれど、甘さと酸味が適度にある。サクサクって感じかな。

ネクタリンもそうだけれど、皮がつるつるしているので、いちいち皮を剥かないでそのまま食べられるので桃より好きかも。


イチジクも食べてみたけれど、これもよ~く熟しているのをおじちゃんがくれたので、甘~い。
いちじくのジャムを食べているような感じ。
f0140171_18505980.jpg

f0140171_18514674.jpg

日本のイチジクと比べてフランスのイチジクは小ぶりで味が凝縮している。多分日本のイチジクもそうなんだろうけど、フランスでは皮ごと食べてしまう。
もちろん、日本の実家で父が作っているイチジクだっておいし~いけどね。

洋ナシは、今日の夜、ある料理本に載っている洋ナシとブルーチーズのタルトを作るつもり。
そのある料理本については、次回必ず書きますので待ってて下さい。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-09-15 18:56 | 食材 le produit

イチゴ狩り

先週末からやっと夏日よりになって、30度以上になった水曜日。

近くのキュイエット(野菜や果物を収穫できる畑)に行って、イチゴ狩りをしました。

本当はフランボワーズが採りたかったけど、今年は気温が上がらず晴れでも涼しい日が続き、ぜんぜん熟してなく断念。

その代わり、今年はビニールシートの下にイチゴが栽培されているため、
ぐっと気温が上がった今週、思いっきり熟したイチゴがいっぱい採れました~。

f0140171_18142499.jpg

棚の上に栽培されていて、土もつかないのでそのまま採ったばかりのイチゴを
 『パクッ!』
f0140171_18153220.jpg

甘くておいしい~。
よ~く熟しているから、ヘタの部分を手で引っ張ると、スポッと抜ける。
フランボワーズを採るときに熟したものを採るときとおんなじ感じに。
f0140171_18174044.jpg

中まで真っ赤か
f0140171_18183491.jpg


全部で5kgちょっと収穫。
f0140171_18204260.jpg

1kgあたり4.20ユーロ。 安~い。
スーパーで買ったイチゴのパックは500gで同じ値段。おまけにオイシクナ~イ。

早速ジャム作り。
でっかい銅の鍋(ボール?)で作ったら、8瓶できました!
f0140171_18422712.jpg

つぶつぶかたまりイチゴが入ったおいしいイチゴジャムの出来上がり~。

おまけ
今年はアプリコットも買って、アプリコットジャムも作りました!
f0140171_18282490.jpg
f0140171_1829796.jpg














ヴァニラも入ってま~す!


にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-08-02 18:33 | 食材 le produit

珍しい食材

もうすぐ夏ですね~。

仕事場の横の野菜屋さんには、たくさんの色鮮やかな食材が並んでいます。
日本にはあまりなじみの少ない食材もたくさん!
                  ホワイトアスパラガスとちりめんキャベツなど
f0140171_1744843.jpg

                    アーティーチョーク(朝鮮アザミ)
f0140171_177535.jpg

          これはなんだかわかります?
f0140171_1783889.jpg


アーモンドです。
周りの緑の部分を剥いて、中にある白い実?種実?を取り出して使います。
桃やアプリコットなどのシロップ付けに入れたり・・・

そして、もうすでに、夏のフルーツが並んでます。
今が旬のイチゴから、6・7月が旬のさくらんぼ、まさに夏が旬の桃やアプリコットやスイカまで
f0140171_21281369.jpg

近年(といっても5年ほど前から)見かける、Peche plateその名のとおり平たい桃。
f0140171_17145251.jpg
スペインでは昔から栽培されているそうです。
今年はまだ試していませんが、繊細な味で、ちょっとお高めですが、とってもおいしいです。

                 そして、これなんだかわかりますか?
f0140171_17175271.jpg



パッションフルーツです。
このタイプのパッションフルーツは、わたしもはじめて。わたしが知っているのは黒くて真ん丸いもっと小さめのもの。
これはグアドループ産。西インド諸島東部のフランスの海外県。
だから、フランス産になるのかな?

表面の皮は硬いので、パン切ナイフで半分に切ると、
f0140171_17222894.jpg

黄色い汁と黒い粒粒の種が入っています。
これをスプーンですくって、種ごと食べるんです。
種がプチ?サク?コリ?なんて表現していいのかわかりませんが、そんな感じ。
レモンのように、ちょ~すっぱい。でも、レモンと違うのは、爽やかな柑橘系のにおいだけでなく、ちょっと南国の甘~い香りも漂うところでしょうか?
でも、そのままではとっても食べきれない><
個人的にチョコとパッションの組み合わせは大好きなんですけどね。

主人のアイデアで、紅茶に入れて、パッション風味に。
レモンティーといったところでしょうか。砂糖たっぷりめでいただきました・・・・・
f0140171_17295538.jpg













f0140171_1533599.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-06-02 17:35 | 食材 le produit

FRAISE イチゴ

私のだ~い好きなフルーツ『イチゴ』がお店に並び始めました。

f0140171_19441174.jpg


フランス産だったら今の時期『Gariguetteガリゲット』という品種がおいしい。
250gで2.9~3.9ユーロと少し高めだけれど、イチゴの甘酸っぱいにおいがするだけでもう~堪らず買ってしまう私。
働いてるお店のすぐ横がフルーツ屋さんのため、前を通るたびに私を誘惑して困ってしまう。

もうひとつおいしい品種が『Mara des boisマラデボア』これはもう少し後の5月末から10月ごろまで出回る。 

ぜひ、イチゴの中でもこの2種類を見つけたら、食べてみてほしい。


先週から立て続けに、イチゴの誘惑に負けた私は、イチゴで日本人の大好きなケーキが食べたくなって久しぶりにお菓子作りに挑戦。

イチゴのショートケーキじゃなくて、イチゴのロールケーキ。
でも、スポンジと生クリームとイチゴという組み合わせには違いない。

今回もシェフシェリからの個人レッスン♪
家では絶対にケーキは作らない彼だけど、教えてくれるときには作ってくれる。
まんまと私の罠にはまったシェフシェリは、家でケーキ作りをすることに。

そこで、
とっておきのレシピをご紹介♪

スポンジ生地
A:卵黄36g(2個)、全卵90g(2個)、砂糖90g  
B:卵白59g(2個)、砂糖10g
C:小麦粉45g
*()の中の個数は細かく軽量するのが面倒な方に(笑)

1.Aの材料を白くなるまで泡立てる。もったりとするまで。
  ミキサーで5分以上はかかるので、手だと大変かも・・・
f0140171_20104915.jpg

2.Bを泡立て、メレンゲを作る。
3.AとBとCの小麦粉を混ぜ合わせ、鉄板に流す。1cmもないぐらいの厚さ。
4.250度のオーブンで5~8分焼く。
f0140171_20112043.jpg


後はホイップクリームとイチゴを冷めたスポンジ生地で巻くだけ!
f0140171_20124462.jpg

スポンジ生地は前日に作っておくと、砂糖が水分でなじんでより良いんだとか。


日本人はもちろん、フランス人にも大受けのロールケーキの出来上がり!!
f0140171_2013927.jpg
デコも余ったイチゴと生クリームでささっとやってしまうシェフシェリはさすがプロ!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-05-04 20:16 | 食材 le produit
はちみつが家に開いたビンを合わせて4つも5つもある。

どうもはちみつを消費する家ではないようだ。とはいえ、せっかくこれだけあるのだし、
すでに開いている中途半端なビンも片付けなくては!!

ということで、はちみつレモンを作ってみた。

レモンは今が旬だし、寒い冬にホットはちみつレモンは風邪予防にもなるだろう!
おまけに、疲労回復&美容にも良いときた!

作り方は!というほどのものでもない。
レモンを輪切りに切って、はちみつに漬けるだけ。
1日も経てば、レモンからジュースが出てきてすぐにでも飲める。
f0140171_4205257.jpgf0140171_4212411.jpg
適量をコップに入れて、お湯を注ぐだけで美味しいホットはちみつレモンの出来上がり!
添加物なしでとっても美味しいし、身体にもいい。
使い切れないほどのはちみつもあっという間になくなって、めでたしです。





レモンといえば、フランスで有名な産地はマントン。ニースから近く、イタリアの国境のすぐ横の町。海がエメラルドグリーン色をしていてとってもきれい。
f0140171_4245260.jpg

ジャン・コクトーの美術館や市役所にある結婚の間はコクトーの絵で壁と天井が埋め尽くされている。こういうタッチの絵は個人的に好きだな~。
f0140171_4251455.jpg

もうすぐ、ニースではカーニバルが開かれ、同じ時期にマントンでもレモンのお祭りがある。きっとイタリアのように、陽気で華やかなお祭りなんだろうな~。

そうそう、マントンで飲んだジュースには、贅沢に?厚切りのレモンが入ってたっけ。
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-02-19 04:27 | 食材 le produit
9月半ばの土曜日に友達に誘われて、近くのポントワーズの町にあるマルシェに行ってきました。
f0140171_23333610.jpg


なんとなくマルシェが開かれているのは知っていたのですが、行ったことがないとなかなか行きづらいものですよね。それに、車で行くので駐車場の事を考えると行くのが億劫になる。

マルシェは茸などの秋の食材は少なく、秋はどこ?
パリに住む方が今年のセップは通常の倍ぐらい?するといっていたのを思い出した。
夏が涼しく、異常気象で今年は茸が少ないのだろうか?
反対に目立ったのがカキやホタテ。
殻のままで売られるホタテ、コレからが美味しい時期ですよね。
f0140171_23325479.jpg
f0140171_23342560.jpg


フランスのカキは日本のように大ぶりでぷっくりとは反対で、小さめで繊細な味。
決して殻から外されて袋詰めで売られることはありません。
フランス人からしてみると、それは死んだカキというわけです。
必ず殻のまま買い、自分であけ、ちょんと突付いて動くかを確かめ、
レモン汁、またはエシャロット入りの赤ワインヴィネガーをかけて食べます。
(カキに限っては日本より生で食べることが多いかな)
フランスで一番カキが消費される時は、ノエル(クリスマス)。
ノエルの食事には貝類の海の幸を食べることが多いです。他にはフォアグラや鶏の詰め物が定番。

今年のノエルは夫婦揃ってお仕事。
ルマンに住んでいる彼の家族には会いにいけそうにないなあ~。

あれ?マルシェの話からずいぶん脱線してしまった・・・・・・。

まっいっか!
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2007-11-06 00:12 | 食材 le produit

フランボワーズ狩り

クイエットの看板にフランボワーズがお目見え!
土曜日は久しぶりにお天気が良かったのでフランボワーズを摘みに行ってきました!

7月というのにはっきりとしないお天気が続いているためか、まだ時期が早いのか、よく熟したフランボワーズは少なかった・・・・。でも、簡単に見つかりそうにないところを一生懸命探して400gのフランボワーズを収穫。
f0140171_2335694.jpgf0140171_23352973.jpg















フランボワーズの収穫のポイントは、力を入れずにポロッと取れるものを探す。なかなか取れないのはまだ熟していないので、そのままにしましょう~。

畑で摘んだものを食べる分にはタダ!!(本当はだめ?)
一粒口に運んでみたけれど、新鮮でよく熟れているので美味しい~♪
1kgで5.3ユーロ。5kgで5ユーロになる。
家に帰ってフランボワーズと同量の砂糖を混ぜて、つぶしてしまう。
これを火にかけるだけで簡単にジャムに。
保存びんに入れておけば1年持つ!
砂糖とフランボワーズだけだから添加物なし!!
f0140171_23414960.jpg

あと2週間したらもう一度行って5kgのフランボワーズを採ってこよう!!

でも、ちょっと悩むのはフランボワーズ狩りをしていると体中にちっちゃい虫が付いて、痒いし気持ち悪い。これがなければルンルンで行くのにな~。

この日はジャガイモといんげんも収穫した。

ジャガイモは茎の部分はすでに刈り込まれていて、土の山をクワで掘り返すと赤いジャガイモが出てくる。気をつけないとクワに刺さって割れてしまう。
f0140171_2357341.jpg

私は写真係なので見てただけだけど、出て来るでてくる!
f0140171_2358523.jpg


次はいんげんを探しに。
といっても隣にあるわけじゃないので、そこまで歩くのも5分かかったり!!
広~いのなんのって!!さすがフランス!農業大国!
でも運動のためにはいいよね~。
さて、いんげん畑に到着。
意外と背丈が低くって30cmもない。
腰を降ろして、いんげんプチプチ。
細いタイプのインゲンね!色もきれい!!
f0140171_23584382.jpg


今晩はいんげんとジャガごろっ!素材の味がそのままおいしいね!!
f0140171_23592947.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2007-07-10 00:00 | 食材 le produit

オクラ発見!

オクラを野菜屋さんで発見!!
f0140171_17402414.jpg


たまに中華食材やさんで見かけるけど、今回は割りと新鮮そうできれい。

名前はGOMBOゴンボって、ごぼう?

遠州地方ではごぼうのことをごんぼなんて言ったりするから、笑っちゃった。

ブラジル産らしく、1kg9.95ユーロと高い!!
味見したくって3本だけ買って1ユーロもしないからいいよね。

実家ではよく栽培してたから、『健康のため、身体にいいから食べなさい』って言われて食べてたぐらい。
でも、久しぶりのオクラは懐かしくって、美味しかった~。

また見つけたらもう少し買ってみようかな~。
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2007-07-01 17:41 | 食材 le produit

peche plate

ペッシュ プラット     その名の通り、平らな桃
f0140171_1856183.jpg


これ美味しいです!!
スペインでは昔から栽培されているそうですが、フランスに近年入ってきた桃。

見た目はあんまり美しくないですが、味はめっちゃ美味しいです。
なんとも言えない繊細な味と表現するのが一番ぴったり!!

今の時期はまだまだ8ユーロ/kg
夏になっても普通の桃よりはお高いです。

でも、見つけたら是非買って食べてみてください!!

絶対おすすめします!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2007-06-29 18:56 | 食材 le produit

アーティーチョーク

f0140171_1846398.gif


アーティーチョークの原種はシチリアからで、イタリアのカトリーヌ・メディチにより1533年にフランスに入った。アーティーチョークは大小あり、ケッパーのように食用の花である。葉のようなものは、実際はリン片で中の花を守っている。現在、アーティーチョークは約40種類あり、白(緑)と紫の2つに分類される。しかし、その中の15種類ほどしか売られていない。多年生の植物で4~5年の間にそれぞれの茎から4~10個の頭(花?)を1年毎につける。現在では、ブルターニュ、南仏のコルシカ、プロヴァンスで栽培されている。
 5月から11月の終わりまで出荷されている。
白(緑)のアーティーチョーク
白のアーティーチョークは、ブルターニュのカミュ種が一番多く売られている。緑色で大きいが安く、形が丸く、重いものは一個300~500g。大きな頭の密になっている葉は短く幅が広いが、食用する花芯は優しいノワゼット(ハシバミ)の味がする。
とても珍しい、カステル(le castel)のアーティーチョークの色は緑銀白色で、ブルターニュで栽培される。そして、イエロア(hyerois)またはマソー(macau)は、葉の幅は狭く緑一色で、南西部で栽培される。これ等は栽培される土地でしか見ることができない。
 スペイン産の白いアーティーチョークに関しては、リンゴの円錐曲線のようで薄い緑色をしている。12月から5月に出荷をコントロールしている。
 調理の仕方は、30~40分茹でるか、圧力鍋で15分ちょっと。頭を下にし、湯を切る。温かい状態でビネグレット(ドレッシング)と食べる。ケッパーやピクルスと合わせてもよい。
紫のアーティーチョーク
紫のアーティーチョークは、白いアーティーチョークに比べ明らかに小さく、値段も高い。ブルターニュと、特にプロヴァンスで栽培されている。熟す前に収穫され、小さくとても引き締まっていて、繊毛までもまだ柔らかい。
 よく見られる種類は、ヴェール プロヴァンス(le vert de Province)で青リンゴを伸ばした感じ。・・・・省略
 紫色の小さく、とても締まったプロヴァンスのアーティーチョークはポアヴラード(Poivrade)と呼ばれ、紫がかった葉をし、市場で一番よくみる。とても柔らかく、優しい香りで塩だけつけて生食したり、ベニエにしたりココットで蒸し煮にしたりする。
栄養素
ビタミン(B1.3.9、C、E)カルシウム、マグネシウム、カリウム、リンが豊富。
浄化性の利尿作用がある。火入れをすると酸化が早いため、消化不良を起こすので48時間以内に食べるのがよい。
選び方
(白種)コンパクトで肉付きがよく、均一な緑色できれい。手に持って重いもの。葉をちぎって新鮮をみる。もし、葉が開いていたらそれは摘み取りが遅すぎた証拠。傷みがなく、しみがないもの。調理の際は、茎を折ってなるべく筋を取り除く。
(紫種)コンパクトで引き締まっていて、葉が硬い。輝きがあり、パキッと折れやすいもの。


ふう~と、まあこんな感じで紹介してみました。
私も今までに出合ったアーティーチョークは上の写真の通りです。

この文章は、私の愛読?愛見?雑誌regal N.5の中にあったアーティーチョークのページを訳したものです。フランス語は難しい・・・彼にずいぶん助けられました。写真も彼がしました。
これからも少しずつ、こんなこともしていこうかな~っと。

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2007-06-23 02:02 | 食材 le produit