Petit Lapin のフランスで食べる至福のごはん。を改めまして、日本の片田舎で美味しいもの探索。でも、将来は地元でお菓子屋さん兼カフェを開くぞ~!!


by emiko_cuisine-fr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:雑談( 10 )

家内菜園 収穫~♪

はじめはこんなに小さかった苗が、
f0140171_18312214.jpg

今ではこんなに立派に成長してくれました!
f0140171_18322776.jpg
f0140171_18325256.jpg


そして、ついにズッキーニを収穫しました!!
小ぶりだけれど、実がしまってます。
f0140171_18335848.jpg

丸いズッキーニもいっぱい!
f0140171_18344877.jpg


まだまだたくさん実がなってます!
f0140171_18355356.jpg


少量なのでジャガイモと一緒にソテーしてお肉の付け合せに。ジャガイモのほうが多いですが・・・・(汗
まさに採れたて新鮮&無農薬です!!
f0140171_18372538.jpg


他の野菜も順調に育ってます。
プチトマトもいい感じ
f0140171_18384356.jpg

ピーマンの花が咲きました。
f0140171_18392761.jpg


でも今週末から約2週間ちょっとヴァカンスで家を空けるので、トマトの収穫は間に合わないだろうな・・・
それに、誰も水をあげてくれる人がいない・・・・

ああ~一緒にヴァカンスに連れていきた~い!!
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2009-07-29 18:42 | 雑談

家内菜園 その後

『家内菜園』 あらため 『アパート庭菜園』

結局、家の中では大きくなるものの、実がならない上に、ちっちゃな虫が部屋中に飛びまわって大変だったので、泥棒覚悟で外に出すことにしました。

窓の外にちょっとしたスペースが生垣に囲まれてあるので、基本的に誰も通らないし、使わないのでいいだろ~と勝手に私用。

今のところ、管理人さんにも咎められていないので、朝晩せっせと水をあげて、こんなに大きくなりました!!

f0140171_0373363.jpg


花ズッキーニ! お花の下にミニズッキーニです。
f0140171_0381368.jpg


丸いズッキーニ。
f0140171_039655.jpg


コレはピーマンですが、まだまだちっちゃいです。
f0140171_0395181.jpg


プチトマト
f0140171_382485.jpg


大きくな~れ♪

ヴァカンスに出かける前に、収穫できるといいな~。
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2009-07-17 00:42 | 雑談
フランスも桜が咲いて、暖かくなりました。

農業国フランスの広大な畑には、菜の花の黄色い絨毯が転々と見られ、春が来たんだな~と実感します。
f0140171_1224693.jpg


そして、我が家では新しい試みが・・・・!!

空いている部屋を使って、部屋の中で野菜を育ててみよう~♪

アパート住まいで庭がなく、ベランダでもあればいいのですがそれもなく、おまけに一階に住んでいるため、窓の外に置くのも危険。なぜなら盗まれるから。

すでに何年か前にねぎを植えたところ、もう少しで食べられるぞ~という時に、夜帰宅してみるとチョキチョキ!と切り取られていたんです!!
日本のねぎなので、フランスのシブレットと間違えて食べたなら、多分癖が強かっただろうな~と。
あれからまた芽が出たけれど、一度切り取られただけなので、きっと美味しくなかったんだと思う。

そんなわけで、園芸屋さんに行って野菜やらハーブを買って細長い鉢に植えて部屋の中に設置。
f0140171_1445060.jpg

f0140171_1432625.jpg


一応朝は日が当たるので、朝窓を開けて日光浴させます。

果たしてちゃんと育ってくれるかな~?

ちなみに買ってきたのは、プチトマト、ズッキーニ、ピーマン、パセリ、バジル、タイムです。
土や鉢も買って結構お金がかかったので、ちゃんと実って欲しいな~。
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2009-04-20 01:44 | 雑談
料理週間と称して、今週はいろいろなものを作っていますが、またまた作ってみました。

今回は、題して『日本の味が恋しくて・・・・』  なんだそりゃ。ですが


突然、日本の大福もちが食べたくなったのですが、そんなものが近くのスーパーで売ってるはずもなく、棚の奥底に忘れられたあずき煮の缶詰を引っ張り出し、お汁粉を即席で作る。

たま~に食べるあずきは美味しいね~。


ここで、同僚が抹茶あずきケーキを作っていたのを思い出し、フランス人に負けてられない!!
私だって抹茶あずきケーキぐらい作れるワイ!おまけにもっと美味しく作ってやろう!!

インターネットでレシピ検索。

見つけたレシピで1個目製作。悪くはないけれど、いまいちしっとり感が足りない。
シェフシェリーのアドバイスを受け、2個目製作。
新しく型も新調し、できたのがコチラ!
f0140171_21541641.jpg

ケーキの焼き色といい、割れ目具合といい、惚れ惚れするわ~。

レシピ:
バター130g
砂糖75g
蜂蜜10g
卵2個
小麦粉120g
ベーキングパウダー2g
抹茶小さじ1杯
あずき煮150g

コレを順番に混ぜていくだけ。私にぴったりのケーキ作り。



『日本の味が恋しくて・・・・第2弾」

木曜日にパリに行ったときに、念願の大福を買ったついでにシェフシェリーの大好きな肉まんも買ってみた。

金曜日の夜に二人で頬張る♪ 

美味しいね~。

冬に熱々の肉まんは、日本のコンビ二を思い出す~。


と、突然シェフシェリーが
「コレ作れないかな~?」

夜の7時ごろから二人でインターネットでレシピを検索。
パンと作り方の要領は似ているので、二人三脚で私がレシピを読み(日本語を話すシェフシェリーもさすがに日本語は読めない)
彼が生地をこねる。といっても機械でちゃちゃっと。

豚肉をミンチにし、具を調合。

発酵を終えた生地に具を包み、
f0140171_22114095.jpg

100均で買ってきたセイロで蒸したら出来上がり!!
f0140171_22123898.jpg


意外と簡単にできるものなんだね!!

というより、二人の食への執念は恐るべし!?


にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2009-02-23 22:19 | 雑談

NOEL ノエル

今年もあっという間に12月になってしまった気がする。

パリもすっかりイルミネーションで彩られ、クリスマスに向けてプレゼントを買う人たちでに賑わっています。

私のうちでもクリスマスツリーを飾りました。
f0140171_123114.jpg

それともうひとつ、
Couronne de l’Avent アドヴェント クランツというものを作ってみました。
本来はCouronne:『冠、冠状のもの』というからには、ドーナッツ型が基本ですが、
まあそこはアレンジということで。
f0140171_1275118.jpg

これを作る意味としては、
クリスマスから4週間前の日曜日、11月の最後の日曜日から待降節が始まります。
4本のキャンドルを毎週日曜日に1本ずつ火をともし、ゆっくりとクリスマスを迎える準備をするためなんだそうです。

今回初めて、ドライオレンジを作ってみました!
f0140171_1384227.jpg

意外と作り方は簡単!!だって、輪切りにして乾燥させるだけだから!!
乾燥する方法としては、電子レンジで水分を飛ばして、自然乾燥、または85℃ぐらいのオーブンで2時間ほど入れて、そのまま冷めるまで置いておけば早くできる。

ちょっとここで疑問。
なんでクリスマスにオレンジなんだろう?

調べてみた結果、私の考えるところ、
クリスマスはもともとは冬至のお祭りで、豊作を祈るためのものだった。
そこで、冬に実るオレンジやりんごが豊作を祈願するためのシンボル?になったのかな~?と。
それと、昔アルザス地方では、オレンジは珍しい貴重な果物だったそうだよ。

あと、よくオレンジと一緒に組み合わされるシナモン。
f0140171_1494655.jpg

この組み合わせを見ると思い出すが、
VIN CHAUDヴァン ショー:ホットワイン
赤ワインにオレンジのジュース、シナモンや蜂蜜を混ぜて温めたもの。
12月に行ったアルザスの寒い夜に、マルシェで飲んだこのヴァン ショーが懐かしい。
体が心から暖まる~。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-12-02 01:55 | 雑談

FETE DE LA MUSIQUE

6月21日土曜日、フランスのカレンダーでは『ETE・夏』日本も夏至に当たるのかな?
今年は、なかなか6月にはいっても涼しい日が続いていましたが、この日からぐっと気温も上がって、太陽も元気いっぱいに!なりました。

毎年、この日にフランス中で『Fête de la musique・音楽祭』が開かれ、夜になるといたる所でいろんなジャンルの音楽を聞くことができます。

私たち夫婦は、まずはじめに主人が今年から習い始めたディジュリドゥというオーストラリアのアボリジ二の楽器で、その先生がスケート場でDJとちょっとディジュリドゥを演奏するというので遊びに行きました。
f0140171_1512775.jpg

ただの木の棒に穴があいているだけのものですが、さまざまな音を奏でることができます。
アボリジニの人たちは、コレを使って動物の鳴き声を真似て、狩りをしたりもするんだとか。
それにディジュリドゥは癒しの音楽。聞いていると体がリラックスしてきます。

ただ、主人はまだまだブーブー鳴らしている段階なので、癒しになっているのか?

そしてこの後、情報誌で見つけたディジュリドゥの音楽をするというカフェに。
お店の前でみんな並んで好きなように音を奏でて、道行く人が足を止めて聞き入っていました。
楽譜はなく、感じるままに音楽を奏でているけれど、それが心地よい。
f0140171_1514834.jpg



変わって角を曲がって200Mぐらい先では、バリバリロック♪
f0140171_1521142.jpg

黒服のお兄さんやお姉さんがいっぱい。ロックは大好きだけど・・・・ちょっと怖いわ。でも、反対にちょっと憧れちゃう・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-06-23 01:54 | 雑談

BROCANTE ブロッカント

4月から夏にかけて、季節のいいこの時期に毎週末、いろんな町や村でブロッカントが開かれます。ブロッカントとは、フリーマーケットのことです。もしくは、Bric a Bracブリッカ・ブラックといったりします。こっちはどちらかというとガレージセールって感じで、家の要らないものを売る。まあ、どっちもフル道具や骨董品、ガラクタを売ってる感じかな。

月曜日の祝日に、お義母さんとその友達と一緒にブリッカ・ブラックに行ってきました。

主人の両親は、自分たちで骨董品などを集めたり、売ったりしているので、朝の出発時間が違います!

早く行かないといいものはなくなってしまう!から。

というわけで、お休みなのに、仕事のある日よりも早起き・・・・なんと、5時15分起床・・・
6時15分前出発・・・・・。

正月でもしないのに、朝日を拝んでしまった。でも、晴れた日の朝日はとってもきれいでした。

というわけで、6時半から9時半までぐるぐるお店を見てまわったわけです。
今回行った場所は結構規模が大きく、100店以上があり見ごたえあり。
f0140171_3204575.jpg
f0140171_321557.jpg


そして、私が買ったのは、これ!
f0140171_3213677.jpg


前々から欲しかったカゴ。4つで2・5ユーロだからお買い得。
特に二つこぶがあるのがお気に入り。
それとイチゴの柄が入ったお皿。
f0140171_3231194.jpg


上皿に穴が開いているので、イチゴを洗ってお皿に入れると、お水が切れるわけです。
イチゴ大好きな私にぴったり!!

また、来週末にも家の近くであるからいってみよ~。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-05-15 03:25 | 雑談

フランスのGW

フランスも5月はじめは毎週末のように祝日があります。

今年は1日と8日の木曜日と11・12の日月が祝日にあたり、学校のヴァカンスもあるため、金曜日に休みを取って、家族でみんな出かけます。

私はというと、何気にサービス業で祝日でもお仕事・・・・。

普段は一日しか休みが合わない夫婦ですが、今回ばかりは2日一緒のお休みになったので、
久しぶりに彼の両親の家に遊びに行ってきました。


両親の家は、お庭付き♪

5月に入ってから晴天がつづいて、お外での食事が気持ちい~。
庭があるっていいね~。
f0140171_5375650.jpg

フランスはどちらかというと、昼食をしっかり、夕食軽め。

早速アペリティフから
f0140171_5383499.jpg


前菜はメロン。メロンは前菜で、デザートにはなりません。
メロンの旬は夏だけれど、気温が十分高いからなのか?すでに甘くよく熟してました。
f0140171_5411995.jpg

日本と違って、メロンは一個2~3ユーロで買えるので、夏の暑い日でも前菜で食べると冷たくてさっぱりしているので、たくさん食べれちゃいます。

主菜とデザートはお義母さんのチャレンジ料理です。
料理が大好きで、常に新しいものに挑戦。私も一緒にお手伝い。

主菜はサーモンにナスとマンゴーの付け合せ!
これが意外とおいしかった。見た目も鮮やかだし。
f0140171_545491.jpg

ソースはコリアンダー(香菜)とモッツアレラ。
今度またつくってみよ~。

この後、ちゃんとチーズがあります。私は食べてませんが・・・すでにおなかいっぱい。


デザートはオレンジとフランボワーズのサヴァイヨン。
f0140171_5472147.jpg

なんて・・・面倒なものを選んだんでしょう~マモン。
サヴァイヨンは、卵黄とオレンジのジュースをあわ立てつつ、火を入れる。
火を入れすぎると泡だ立たないし、でも火を入れないといけないので、火加減が大変。
おまけに10分ぐらい泡立てるので、はじめ手でやってたけどギブアップ。
ハンドミキサーで仕上げ。はじめからミキサー使えばよかったかも・・・・・ね・・・

そして、カフェを飲んで世間話に花が咲く~。



おまけ、
夕食。
サラダとアペリティフのおつまみになるオリーブとベーコンのケーキ。
f0140171_554510.jpg

お昼に時間をかけてたくさん食べるので、夜はこれくらいで十分。
でも、アペリティフとデザート(フルーツのような軽いもの)は欠かしません。

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-05-14 06:07 | 雑談

ご無沙汰しております。

いつの間にか、最後の更新から3ヶ月も経ってしましました。

この間にも書きたいことが山ほどあったのですが、新しい仕事をはじめてすぐに忙しいクリスマスシーズンが始まってしまい、気持ちに余裕がなく、3ヶ月も放置してしまいました。

これからは、あと1週間後にあるプチ・ヴァカンスで気分一掃し、またチョコっとずつ投稿していきます。

ということで、復活第1弾。
題して、
『フランス人の日常は、意外と質素。』

今、簡単に昼食を済ませたのですが、食べたものは、

プチパスタとジャンボン(ハム)
f0140171_21351074.jpg


茹でただけのパスタに少しバターをからませ、削ったチーズを振り掛け、ハムを添えただけのもの。
かなり栄養的にバランスが悪いです。エネルギーは得られますが・・・
でも、コレが子供の食事という事が、意外と多いんです!!
もちろん、大人も夜、簡単に食事を済ませるときに食べたり・・・

私がフランスに来て1年目の夏に1週間ホームステイしたお家で、幼稚園ぐらいのお子様が大人たちの食事の前に、キッチンで食事をしているのを見たとき、食べていたのはこれ!!
はじめ、『虐待!?』って思ってしまったほど。
知り合いの日仏家庭の奥さんに聞くとコレが普通なんだとか。
その奥さんが、フランス人の子供が来た時に、パスタとソースを作ってあげたら、ソースをわざわざ避けて食べられたんだとか!!

他の人に聞いた話、語学学校に行くためにホームステイした家で、毎日このパスタのみ!!を出された!とか。たまによくてトマトソースの缶詰付き。

まあ、慣れてしまうとコレもなかなか美味しい。
たま~に食べたくなる味だったりするんだよね~。
ただ、たまに。毎日はちょっとね~。

皆さんホームステイをする際は、
『料理が好きな方、希望!!』をお忘れなく!!
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2008-02-18 21:47 | 雑談

洋ナシの話

洋ナシの絵を見ていて、そういえば日本だと
『ラ・フランス』
っていわれてたよな~。と話をしていたら、

『フランスでは日本人の女の子の胸の形を洋ナシに例えるよ』
と、彼が・・・

これ、褒めてるんだって。
形がきれいでかわいいって言う意味らしい。

f0140171_2023277.jpg


妙なところで変な共通点が・・・・




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
by emiko_cuisine-fr | 2007-06-23 20:25 | 雑談