Petit Lapin のフランスで食べる至福のごはん。を改めまして、日本の片田舎で美味しいもの探索。でも、将来は地元でお菓子屋さん兼カフェを開くぞ~!!


by emiko_cuisine-fr
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ご無沙汰しています。
日本に完全帰国いたしました。

フランスも素敵な国ですが、やっぱり母国、日本も素敵な国です。
美味しいものもたくさんあるし!!
フランスと日本はまったく別世界ですので、比べることができません。
両方それぞれにいいものがありますよね。もちろん短所もそれぞれ。

さて、さて、フランスでの美味しいもの日記もネタはたくさんあるんですが、怠け者でして・・・・

追々書いていこうかな~と。


とりあえず今は、うちの実家で採れる美味しい野菜や果物なんかをご紹介しま~す。

すでに5月になってしまいましたが、4月も美味しいものがたくさんあったので、そちらから~♪

f0140171_11242087.jpg

これは玉ねぎです~。新玉ねぎの中でももっと早くできる新玉らしい。(4月のはじめです)
水分が豊富でみずみずしい。
母が厚切りに切って、軽く炒め、しょうゆで味付けして出してくれましたが、めっちゃ美味しかったです!!こんな新鮮な新玉はじめてで感動!!
第二段、新玉も畑で待機中。
f0140171_11282584.jpg


エンドウ
f0140171_11291315.jpg

ほとんど毎日採れてました。
料理する前に畑に採りに行くんです。
だから超~新鮮。贅沢ですよね。

父に場所を少し分けてもらい、シェフシェリーがフランボワーズ、ブルーベリー、イタリアンパセリ、ミント、タイムを植えました。
f0140171_1131470.jpg

f0140171_11325014.jpg

フランボワーズといっても、どうやら日本のフランボワーズ(木苺)のようですが、いっぱい実をつけてくれるかな?

そして、最後に写真はありませんが、4月はいっぱい、いっぱい甘夏が取れました。
今年からはじめたという無人販売でも大盛況でしたよ~。

現在夏に向けて、夏野菜の苗を大事に育てています。
夏の収穫に向けて、楽しみです!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
# by emiko_cuisine-fr | 2010-05-10 11:37

NOEL ノエル 2009

あけましておめでとうございます。
今年も気ままに更新していきますので、よろしくお願いします。

2010年はじめの投稿は、2009年クリスマス・ディナーのご報告。

今年の四月に日本に完全帰国ということで、とりあえずフランス最後のクリスマスをシェフシェリーの家族が我がアパートに大集合し、お子様含め10人で過ごしました。


この日のために、二人で11月末ごろからテーブルセッティング、メニュー作りを開始しました。

テーブルセッティングとチーズ、デザート確保は私ラパン担当、お料理はシェフシェリーの分担作業です。
ワインは義父、義弟が持ってきてくれることに。

まずは、テーブルセッティングからご覧ください。
f0140171_19163287.jpg

10人分のテーブルセッティングともなると、結構豪勢なテーブルに見えますね。
テーブルクロスとセンタークロスは昨年と同じですが、今年は赤の羽根とシルバー系の小物で飾り付けをしています。ロウソクの飾りやナプキンリングは手作りなんですよ~。
f0140171_19195315.jpg

レストランのようにメニューだってあります。
f0140171_19222282.jpg

ロウソクに灯がともると、ぐっとロマンティックに。
f0140171_1923737.jpg


はじめにシャンパンで乾杯し、その後究極のクリスマス・ディナーの始まり~。


アミュー・ブッシュ 4種の海の幸 Quatro de la mer
エビのビスク、ホタテと栗かぼちゃ、ルジェとトマトのコンカッセ、エビのロワイヤル
f0140171_19292773.jpg

この四種の海の幸のためにお皿を新調しました。

フォアグラのテリーヌ Foie gras Mi-cuit
f0140171_19305428.jpg


生牡蠣と生牡蠣のタルタル Huitres et leur petite sœur en tartare
f0140171_19345459.jpg

大振りの牡蠣で口の中で海のヨウドが広がっていく。牡蠣から出た塩水と牡蠣のクリーミーな甘味が堪りませ~ん。

去勢鳥ときのことフォアグラのロール
Chapon en roulade,farci aux cèpes,girolles et foie gras
Avec ses petits légumes

f0140171_19445335.jpg


シェフシェリーの特別クリスマスディナーいかがでしたか?なかなかの腕前でしょ。


チーズの盛合わせ Plateau de fromage
f0140171_19461895.jpg

確か去年できたばかりのPAR ICI LES FROMAGESというチーズ屋さん。わたしが働くお店のすぐ近くで、いつでも最高の熟成状態のチーズを提供してくれます。
今回のチーズ盛合わせも大盛況。食にうるさいみんなも納得のお味。

最後はみんながお待ちかね、ブッシュ・ド・ノエル
f0140171_19532865.jpg

チョコキャラメルとプラリネの2種類を用意。

そして、まだまだ終わりじゃないよ~。
チョコレートにコンフィズリーの盛合わせもあります。
f0140171_1955643.jpg

f0140171_19552798.jpg

f0140171_2011424.jpg


みんな大満足のクリスマス・ディナーでした。

シェフシェリーはクリスマスプレゼントにパスタマシーンをもらい、ますます料理のレパートリーが増えて、
ラパンは食べるのがもっと楽しみに!!(わたしも少しはお料理しないといけない気もしますが、とりあえず今はご馳走になっておきます。ニッ!)

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
[PR]
# by emiko_cuisine-fr | 2010-01-04 20:04 | フランス食事情

チョコのピエス

シェフシェリーがチョコのピエス・モンテ(なんて訳せばいいのかな~。チョコで作った飾りの作品)のデモンストレーションしました。

クリスマス前なので、クリスマスをテーマにした作品です。

それぞれのピースを作り、組み立てていきます。
f0140171_21451738.jpg

ベースのチョコの組み立てが終わり、ピストレといってチョコのしぶきをベースに吹きかけているところです。
学生も少人数なので、手元の細かい部分も間近で見ることができます。

f0140171_2147740.jpg

ロウソクを付けています。

f0140171_21481695.jpg

チョコでできたリボン、フラワー、ボールなどを冷却スプレーで丁寧に接着。

そして完成した作品がコチラ。
[PR]
# by emiko_cuisine-fr | 2009-12-14 22:02 | お菓子la patisserie
今年もチョコの祭典『Salon du Chocolat』が10月14日から18日の5日間、開催されました。
今年は、フランスの学校休暇と重ならなかったせいか?気持ち人が少なかったような気がします。が、大勢の人で大盛況!

さて、私は去年に引き続き、火曜日のスタンド準備に始まり、オープニングセレモニーでお店番。
でも、良かったことはチョコのファッションショーを見れたこと。腕を上に伸ばしての撮影でしたが、なんとか写真にファッションショーの様子を収められました。

チョコっとご紹介。
f0140171_19291393.jpg
f0140171_19293864.jpg
f0140171_19301325.jpg
f0140171_19303982.jpg

今年はテレビの有名人やオペラ歌手がモデルさんのようでした。

そして、日曜日の朝の店番終了後、人だかりを避け、ぐるぐるしてみました。
毎日チョコを見ているし、それほどチョコマニアではないので、お店の展示や飾り方なんかを見て周りました。
ミートボールじゃないよ。プラリネノワゼットのボールです。
f0140171_1933432.jpg

チョコベースのカップケーキ
f0140171_1934496.jpg

JP エヴァンの新作ブッシュなんでしょうか?風船が刺さってます・・・
f0140171_19351857.jpg

とっても素敵なメゾン ド ショコラの飾り 
f0140171_1936405.jpg

シャポンの子供用エプロン『僕がシェフだ!』
f0140171_19391130.jpg

AOKIのチョコ 何気にわさび味チョコがうまい。。でも、1回だけでいいかな。
f0140171_1940766.jpg

マダムセツコに変わって、新しい日本のチョコブランド『トキョー チョコレート』味見したかったけど、売り切れでした。
f0140171_19415579.jpg

横のスタンドのJ-C ROCHOUX 
f0140171_19453621.jpg


でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
[PR]
# by emiko_cuisine-fr | 2009-10-19 19:48 | フランス食事情
ピレネー山脈 ~美味しいもの編~ その2

『Le porc noir de bigorre~ビゴール黒豚~』 

ヴァカンス事前調査で見つけたビゴール黒豚を求めて、キャンプ場から1時間半のところにある農場を訪問しました。

と、その前にこの1時間半の道のりのご紹介~。

私たちが通った道は、毎年7月に開催されるツール・ド・フランスの定番の難所とされているトゥルマレ峠です。
勾配は7~10%もあり、車で登るにしても常にギアを1~2に入れて走行。エンストして止まったら、そのままずるずると勝手に落ちていきそうなぐらいの急勾配です。特に柵なんかはなく、道幅も車が2台通るのがぎりぎり。高所恐怖症に加え、こういったスリリングなことが苦手な私は、椅子や取っ手にしがみ付いていました。
そんな私を見てシェフシェリーはのんきに
『フランスではこういうんだよ~。おしりにオリーブ一個挟んで1リットルの油が取れるね~。オリーブもってこればよかった~』 『・・・・・・・・・』  ちょっとまあ~お下品ですが、フランスを知る。の一幕。

そんなトゥマレ峠にはたくさんの自転車愛好者ががんばってました。ほんとフランス人は耐久型スポーツが好きですね。
f0140171_1271474.jpg

雄大なフランスの自然は厳しい~。

そして着いたのが
『La Ferme Vignécoise』 ヴィニェコワーズ農場
f0140171_1481727.jpg

月曜から木曜日の4時から無料で黒豚がいる飼育場に案内してくれ、そのあと生ハムの試食までできるらしい。

南仏独特の訛りのあるフランス人の農夫さんと小ぶりの英国の牛パメラ種をお供に、子供連れの家族に混ざって黒豚さんに会いに出発!!
f0140171_154678.jpg
f0140171_1542728.jpg

小さな村の真ん中を通り、すぐ裏にある山を登っていきます。
道中、農夫さんは豚についてのいろいろな話、ビゴール豚について語ってくれました。

そのなかでも面白かったのは、豚は動物の中でも3番目に賢い動物なんだそうだ。
1番目はネズミ 2番目はサル 3番目に豚 
どうしてかは詳しくは忘れてしまったけど、一番人間に近い考え方とか。子供を守るとか。。。
そして、豚さんはとっても優しい動物。ただし、お腹が減っていると何でも食べてしまうので危険です。

ビゴール豚に関してもいろいろな規則があります。
まあ~コレはコチラを参考にしてください。
フランス語・英語http://www.noirdebigorre.com/
日本語http://www.thoma.co.jp/bigorre/
と話している間に到着。
f0140171_24329.jpg

ちょっと想像してたよりは、さびしい感じですが
山の中にある豚楽園。
f0140171_2101979.jpg

この敷地の中には、どんぐり、栗、ぶなの木があり、秋になるとこの実を食べます。
それ以外には穀物を与えるのですが、とうもろこしは与えません。
こうして育てられた豚さんの脂肪分は、オリーブオイルと一緒の悪玉コレステロールを下げるオレイン酸と同じなんだとか!!
なのでしきりに農夫さんは
『脂を食べなければ、食べないほうがいい!!脂がうまいんだ!!』といっていました。

お店に戻ってきて早速試食。
そして、大きな塊の生ハムをお買い上げ~♪
f0140171_2142026.jpg

この脂身のたっぷりあるのがいいんだとか!
さすがに歳月をゆっくりかけ育て、熟成させた生ハムのお味はしっかりしていておいしい~。
水っぽさがぜんぜんない。かみ締めるほどに味が口の中に広がっていく感じ。

おまけにビゴール豚のソシソンも買っちゃいました。
f0140171_2182147.jpg


ちょっとお高い買い物でしたが、うまいものはうまい!!

にほんブログ村 グルメブログ フランス料理(グルメ)へ
[PR]
# by emiko_cuisine-fr | 2009-10-13 01:31 | フランスの旅 le voyage